山口謠司 plus LAUNCH BOOKS RADIO

『国語音韻の研究』

山口謠司

今週は…日本語の『音』をテーマに、「国語音韻の研究」という本について語ります!作者は言語学者の橋本進吉。
皆さん、「馬は何て鳴く?」と聞かれたらなんと答えますか…?この本では「お馬ヒンヒン」という言葉をキーワードに、日本語の『音』について考えていきます。そもそも「ヒンヒン」という言葉はどこから来たのか?謎を解く鍵は古代日本人の発音にありました。

『古代国語の音韻に就いて―他二篇』という岩波文庫は、大野晋の解説です。
『橋本進吉博士著作集〈第4冊〉国語音韻の研究 』は、亀井孝の解説です。

さて、どちらの解説が、どんなふうにおもしろいでしょう!
ぜひ、読み比べて下さい!

http://www.broadcasttokyo.com/lbr/index.php?ofs=5