山口謠司 plus LAUNCH BOOKS RADIO

『CAR GRAPHIC 684』

  • 古刊

平 空

『CAR GRAPHIC 684』
編集人 渡辺慎太郎 
発行 カーグラフィック 
平成30.3.1発行
 第684号 第57巻 第3号

くるまに興味がない

そんな私が
雑誌には
興味があるので
表紙のインパクトで
手にとってみた作品

車の歴史と
今の車を取り巻く情報が
載っていて
車好きの方が
眺めるのかな。。。
と思案した

女性が
洋服を愛でるように
本誌で
車を愛でる人が
いるのかもしれない
そんな着眼点が生まれた

本誌の存在は
知らなかったが
学生時代に車好きな子はいた

新車が出るとチェックし
あの車にも乗ってみたいと言い
走行中にも他種の車に
興味を奪われていた

今やその子は
車の組み立てをしているが
頭の中が 車でいっぱいな人も
いるんだなとその時初めて知ったようにも思った

本誌はそんな記憶を呼び覚ましてくれつつ
私の好きも発見してくれた

現代の車にはさほど
興味がないが
クラシックカーは
可愛いと常々思っていた自分に
久々に出逢ったからだ

メーカーでいうと
私はワーゲンが好きだ
少し前にいろいろ言われちゃったりもしたが
あのフォルムが好きなのである

クラシックカーの
いいところは
おしゃれが あるところ
だと私は思っている

機能性も
大切なのは重々承知だが
やっぱり 見た目 も
大事な要素である

まだまだ王室が
馬車をクラシックに
乗っているところを見ると

クラシックは永久不滅だ!

と誰かの言葉を借りれば
そうなるのかもしれない!

クラシックカーが増えたら
女性の乗車も増えそうな気もするが
どうだろうか。。。