山口謠司 plus LAUNCH BOOKS RADIO

『桃紅一〇五歳 好きなものと生きる』

  • 古刊

平 空

『桃紅一〇五歳 好きなものと生きる』
 篠田桃紅著
 発行 世界文化社
 2017.11.30 発行

これほどまでに
読み進めたい
と本を借りてから
スイスイ
読みたくなる本も
珍しい

読書苦手な私が
自然と手が伸び
するする
読みやすい
語り口調で進む
こちらの本は
どの出版社から出ても
桃紅流というものが
残っていて
読者側も
読みやすい

本によって
桃紅先生の
印象が変わらないからだ

安心して
次回作を
読み進める
ことができる
安定感

お見事

という感じである

まるで
桃紅先生の
人生のごとく
自然体で
自然に流れている

文体も 文章も
内容も

今回のこちらの著書は
生活の中に
身近に置いてある
好きなものを
どのように
選び
並べ
生活しているか
人生、生きているか
を自然風の中で
語られている

最後に
別荘にて
この本が
書かれたことを
匂わせる文で
締めくくられているが
他の本より
深い部分を
語られているのは
そのためか
と感じた

日常から
離れて
ほっと一息ついたころ
その瞬間の
日々の中で
聞かれたことに対して
自然体で
率直に答えていく
その姿勢そのものが
人生にも反映されていて
それが桃紅流なのかもしれない

私たちに映る桃紅像は
本からもよくよく伝わる

編集者さんたちが
桃紅さんの言葉・考え・生き方を
こうして紙に残したい
気持ちも よくよくわかる

魅力的な偉人さんの
本人は偉人さんと思っていない
偉人さんの自然体を
本書にて
どうぞご堪能ください