山口謠司 plus LAUNCH BOOKS RADIO

『バルバルさん (こどものとも絵本)』

  • 古刊

平 空

『バルバルさん (こどものとも絵本)』
 乾 栄里子著 西村敏雄 イラスト
 発行 福音館書店
 2008.3.15 発行

久々に可愛い絵本に出逢った

地元の本屋さんに
地元の少し大きめな本屋さんに
本を眺めに行ったとき
本散歩をしたくって
なにか本に出会いたくって
行ったときに

久々に「おっ」と
心おどる絵に出逢い
思わず子供がわらわらいる
コーナーに
大人ひとりが混じりながら
手に取った作品

が この絵本である

大勢の読み聞かせには
難しいかもだが
親と子、一対一で
読んだら
楽しいだろうなぁ〜
なんて空想しながら読んだ絵本。

この本を読んで
笑う子どもの顔が
すぐ思いつく絵本

この絵が なんとも言えない
ペネロテさんを思わせる
絵のタッチが
なんだか心温まる感じがある

油絵タッチが
印象派タッチが
心を躍らせて
すきすきモードにいざなう

自分の好きなものに
ふれたとき、
こころはおどり
るんるんする。

フランスっぽい風を感じるのは
絵本の中の内容なのか
絵のタッチのせいなのか笑
謎であるが
なぜかおフランスの風を感じて
おしゃれな感じもする絵本である

本書を読み終え、
過去にも読んだことがある記憶が
じょじょに
よみがえってきた。

もちろん、
読み進めている途中から
「ん?なんか読んだことあるかも」
と脳裏をかすめたのは
言うまでもないが苦笑。

すべて
読み終えたとき、
絵が気に入って
過去の自分が
手に取ったことを
まざまざと
思い出した笑。

二度目のときめきさんです笑。