山口謠司 plus LAUNCH BOOKS RADIO

『せいめいのれきし』改訂版

  • 古刊

平 空

『せいめいのれきし』改訂版
 バージニア・リー・バートン 文・絵
 いしいももこ 訳 まなべまこと 監修 
 発行 岩波書店 
 2015.7.22発売 改訂版第1刷

先日、ずっと気になっていた本屋さんへ行ってきた
それは、TUTAYAが新しく始めた本屋さんのスタイルで
代官山にあった

一時、話題になり、かなりごったがえしていると聞いて
ずーっといくのを見送っていたら
とうとう数年?ぐらい経ってしまっていた

その気になる話題の本屋さんへ
先日、友人と散歩がてら
出かけてみた

そこに
気になるリーフレットがあって
「1号館1階の100年100冊」
というものだった

本好きとしては、
本屋さんが認めた本や
すすめる本はどんなものか
とても気になった

私の大好きな漱ちゃんもオースティンもいて
ほくほくした心で
リーフレットを眺めていると
(もちろん、持ち帰って!!!)
「現代売れている本で100年後も
 読み継がれているといいなぁ、
 と思うおすすめ50冊」
というコーナーもあった
(もちろん、リーフレットの中で!笑)

眺めてみると
職場の本好きに
おすすめの作家さんはいないか
聞いた時に出てきた作家さんがずらり

今は、こういう作家さんが流行っているのかぁ
なんて眺めつつ
ふむふむしていると。。。

42『ちいさいおうち』 バートン 岩波書店
43『せいめいのれきし』 バートン 岩波書店

ときて、目が止まった

ん? 岩波さんが絵本???
出しているの?
そして、題名を見ても表紙が思いつかない

早速、両本を図書館にて予約して
借りてみると。。。
なるほど、おうちの方は、どの職場でも
置いてある本だったが、一読もした事がない
絵本であった

そして、今回お勧めの本書は、
読んでいて
久々に読書好きだった
絵本が好きだった幼少期を
思い出させてくれた本だった。

これは、良い!
素直にそう思えた。
小さな発見のわくわく感が たまらなかった。

わたしも
 100年後の子どもたちに
  そして 大人たちにも
   残していきたい絵本のひとつ です◎