山口謠司 plus LAUNCH BOOKS RADIO

『あなたは生まれたときから完璧な存在なのです。』

  • 古刊

平 空

『あなたは生まれたときから完璧な存在なのです。』
 鈴木秀子著
 発行 文藝春秋
 2014.7 発行

大人になると
社会に出ると
社会人になると
心をえぐられる
ようなことが
多々起きる

これは、
心無いオトナたちが
自分の内面を
ズカズカと
攻撃・批判してくることしかり
仕事についても批判・評価してくることしかり

教えてもらっても
いないことが
できないと
怒られる
知らないことを
怒られる
社会の常識だの
社会人として常識だの
世の中の常識だのを
看板に掲げて
ドカンドカンと
私用でイライラした
気持ちも含めて
怒鳴り込んでくる

「これが 大人のすることか?」
と眉をひそめるような
人の好き嫌いで
部下の評価を変えたり態度を変えたり
謎の行動をする

嫌いな人を
目の敵にして
合わないとか言い放って
村八分にする

これが オトナのすることか

謎謎である

初めは
その環境についていけない
自分を責める

学校では、
「やっちゃ駄目っ!」って
先生に教えられたことを

世の中のオトナたちは、
平気でする。

それを
それらを
注意する時期は
通り過ぎたから
やる方も
やる方で
堂々とやる

しかも
厄介なことに
役が上がれば
上がるほど
その行いが
正当化され
誰も注意できない

「それ、おかしくないですか?」
なんてその上司に物申す輩なんて
微塵もいない

コワイ 社会 である

働く環境が
こんな状態とは、、、

学生時代には
夢にも思わなかった。

社会って
キタイナイみたい

学校で
ぬくぬくしてきたら
社会についていけない
みたい

なんか ヘン ですね

「働く」ことが
大人にとって
当たり前のことなのに
当たり前のことが
しにくい 社会

ナゾナゾですね

社会のなぞなぞに
出会ったなら
こちらの本書を一読して、
心を浄化してくださいね。